SEARCH

404 NotFoundページなどのシステムで出力されるページのカスタマイズ

404エラーページを編集したいのですが、可能でしょうか?



可能です。ただし、システム的に表示されるページは3種類あるとお考えください。

①RCMSが出力しているエラーページ
②サーバが出力しているエラーページ
③ブラウザが出力しているエラーページ


①は管理画面から編集が可能です。
テンプレート編集で共通モジュールを選択して編集をしてください。

よく使う画面
 ・401 Unauthorized ・・・ 閲覧制限時のエラー画面
 ・403 Forbidden ・・・ ページが非公開の時のエラー画面
 ・404 Not Found ・・・ ページが見つかりませんのエラー画面
 ・Session Timeout ・・・ セッションタイムアウト時のエラー画面
 ・メンテナンスページ ・・・ メンテナンス設定時のメンテナンス画面
 ・System error ・・・ 予期せぬエラー時のエラー画面

②は仮想専用サーバプランとパッケージ提供プランであれば、カスタマイズが可能ですが、標準では提供されておりませんので、お問い合わせください。

③はカスタマイズできません。

■ ページのレイアウトについて
ページのレイアウトは、通常、1段組のものが適用されます。
これを変更したい場合は、[サイト基本設定>サイト管理] にある、以下の設定項目に設定をしたいレイアウトIDを入力してください。

 ・システムページ(スマホ)のレイアウトID
 ・システムページのレイアウトID

■ 404 Not Found 時のリダイレクトについて
404 Not Foundの際に、デフォルトでは5秒後にリダイレクトするようになっていますが、リダイレクトの解除や秒数の設定を変更することが可能です。

[サイト基本設定 > サイト管理] の「NotFoundページのリダイレクト秒数」に数値を入力して調整してください。
数値を「0」にすると、リダイレクトされません。

SEARCH